2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Blood memory ~血の記憶~ 』 - 2013.06.08 Sat



ステラ・アドラーの教えの中で「ブラッドメモリー」というものがあります。それは無意識レベルで、私たちの血の中に、DNAの中に記憶されていることを指しています。そして、それを知ることは俳優として、非常に効果的だと言うものです。

私たちの祖先は、ある特定の場所で生まれ、ある特定の生活をし、ある特定の経験をしてきた。
これは、私たちの血の中にある。無意識レベルで。自分の先祖がどこから来たのか、何者だったのかを知ることは俳優として非常に役に立ちます。なぜなら、自分の『魂』が演じたいキャラクター、ストーリーを教えてくれるからです。
私はこの『Blood mamory』を学んだ時、すごく腑に落ちました。

こんな経験があります。私が俳優の勉強を始めたばかりの頃、『The Winds Of God』という素晴らしい作品の舞台を観ました。
現代に生きるお笑い芸人2人が交通事故のショックで昭和20年にやってきて、神風特攻隊の隊員たちと共に過ごして、色々なことを経験していくのですが、その舞台を観た時に、私は何とも言えないくらいに、魂が震えているのを感じました。

無条件で「この作品をやらなくてはいけない」と感じました。

それから、一年半、その作品に出ることを目標に、ひたすら練習を続けました。そして、オーディションに合格し、神風特攻隊について詳しく調べる為に靖国神社にある遊就館に行きました。遊就館とは、実際の特攻隊員たちの遺書や衣類、ゼロ戦までもが展示してある資料館です。私は戦死した特攻隊員の方たちの遺書を読み、血のついた軍服を見て、壁一面に飾られてある神風として海に散っていった若者たちの写真を一枚一枚見ていました。すると一枚の写真に目が止まりました。私の苗字と同じ、私の出身地と同じ戦死者の写真が飾られてありました。しかもどことなく、自分に似ている。
もしやと思い、私は早速、親に電話をかけ、私の親族で特攻隊員として亡くなった人はいるかと確認してみました。すると、その写真に写っていた、どことなく私に似ている人は私の父親側の親族でした。私は、この作品をやるべくして、ここにいるんだと感じました。私の魂が、私の体の中に流れている血がそうさせているんだと思いました。

また、後から聞いた話ですが、あの時、私の魂が震えた舞台の主役を演じていた素晴らしい俳優の方の親族もまた神風特攻隊として戦ったそうです。そして、その俳優の方の演技は、言葉で表せられないくらいに素晴らしいものでした。あえて言葉で表現するなら『魂そのもの』でした。

また、私が演技指導者、演技の先生として生きて行くと決め、ある時ふと『これも血に入ってるんだ』と感じました。私の父親はサッカーのコーチをしていました。その父親、つまり私の祖父は中学校の校長先生でした。そして、数学の研究者でもありました。
私の父親の姉は小学校の先生をし、父親の姉の娘は体育の先生をしています。
私がNYで演技指導している時『toriの指導する姿勢はSAMURAIのようだ』と言われたことがあります。私の先祖は、教科書に出てくる戦国時代の武将なのです。その血が入っているのです。
私が演技指導をすることが何よりも幸せで、何よりも愛していて、何よりも楽しくて、クラスというコミュニティが心から好きで、何よりも熱狂的になれるのは必然なことだったのです。なぜなら、私の血の中に入っているのです。

こういった自身の経験から、このステラ・アドラーの『Blood mamory』の教えが私にはスーッと腑に落ちました。

俳優として生きていく上で、
自分の血がどこからきて、どんな祖先を持っていて、という自分のDNAに“生きている”血の記憶を手繰ることによって、自分が俳優・女優としてどうしても、何がなんでも表現しなければいけないストーリーやキャラクターやメッセージが見えてくると思います。自分の中で眠っている熱狂的な部分に火が付くでしょう。
それが見つかれば、やるのみです!!
きっと、あなたのその演技は『神』がかるでしょう。

まずは、自分の身の回りの親、兄弟、親せき、祖父母から知っていくのは非常に効果的であると私は思います。

自分の先祖を知ることは、俳優として役に立つだけでなく、日本人として生まれてきたことの誇り、今、生きていることへの感謝、今の日本を築き上げてきてくれた方々への敬意、そして、次の世代への責任というものが湧いてくるでしょう。

是非、一度自分の『血の記憶』を探る旅をしてみてはいかがでしょうか?

Respect for acting.
Love for acting.

tori
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://toristudio.blog.fc2.com/tb.php/72-d6ef6504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ハイテンド・リアリティ(高められた現実)』 «  | BLOG TOP |  » 『緊張と仲良くなる、緊張を楽しむ』

プロフィール

TORI STUDIO

Author:TORI STUDIO
2010年8月、アメリカ人俳優たち、NY在住の日本人俳優たちの強い要望により、本場NYにてtori studio NYを開き演技指導を始める。2011年1月、日本でも、世界標準の演技テクニックを必要としている俳優たちの為、tori studio TOKYOを開く。それ以来、定期的に日本でもワークショップを開催したのち、2012年6月、帰国。現在、東京にて毎月クラスを開催し多くの俳優たちを指導している。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

講師紹介 (2)
受講者の声 (15)
未分類 (47)
クラススケジュール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。