2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタニースラフスキー - 2013.05.16 Thu

ロシアの演劇の父・スタニースラフスキー。

彼の名前は日本でも良く知られていると思います。
彼は彼の人生をかけて、人間を理解し、俳優が素晴らしい演技をした時のメカニズムを分析し、それを理論化し、システムにしました。
そのシステムは彼がいたモスクワ芸術座で実践され、その演劇のリアルさに世界中は驚愕しました。
出演している全員が素晴らしい。全てがリアル。
モスクワ芸術座のアメリカでの公演を見た数名の俳優たちが集まってスタニースラフスキーシステムを研究し、実践したのが現在のアメリカのリアリズム演技を確立した集団『グループシアター』。
その中にはハロルド・クラーマン、リー・ストラスバーグ、ステラ・アドラー、ロバート・ルイス、サンフォード・マイズナー、クリフォード・オデッツ、エリア・カザンなど、アメリカの演劇史を語るうえで、彼らの名前を語らずにはアメリカの演劇を語れないといった人物が多数いました。

彼らはたった10年間だけ活動し、その後はそれぞれ指導者になったり、演出家になったり、作家になったりとそれぞれの道に進みました。1930年代あたりのことです。

彼らがアメリカの演劇界に革命を起こしました。リアリズム演劇というものを確立し、その演劇が現在でも世界のスタンダードです。
グループシアターが現れる前のアメリカの演劇は現在の日本の演劇と同じように「それらしく演じる」ことが演劇だとされていました。
『演技とは想像上の世界で真実に生きること』
このことが世界のスタンダードになったのは、約60年前。

そのスタニースラフスキーが作ったシステムは
1つの表にまとめられています。
【いい俳優である亀に必要な要素】が40項目に分けて図として書かれています。
1934年に作成されたことが記されています。

その中で項目38番に注目したいと思います。

38・『アクロバティック』

俳優に必要な要素でアクロバティック。どうしてでしょうか?

答えは『度胸・勇気』を養うためです。
ここでスタニースラフスキーが言っているのは『ビッグモーメントに飛び込む勇気』のことです。

決して、舞台に立つ、カメラの前に立つ、人にジャッジされる、演技のクラスに踏み込むのが怖い、などといった浅はかな度胸・勇気の話をしているわけではありません。
俳優である以上、舞台に立つし、カメラの前に立つ。人からジャッジされるし、演技のクラスの扉を叩くのは当たり前で、その程度の度胸がなければ、その時点で俳優とは違う道を選ぶ方がより良い人生を歩めるであろうと思います。

リアリズムの演技をしていると非常に強い感情を経験しなくてはいけない場合がよくあります。
決して「それらしく」演技をしないので、作家が書いたストーリーの中で、愛する人が目の前で殺されたら、それは本当に目の前で自分が愛する人が殺されているのです。

偉大な作家の作品には強烈な感情が生れるシーンが必ずあります。
「オセロ―」「リチャード3世」「ハムレット」などのシェイクスピア作品。
「人形の家」などのイブセン作品。
「セールスマンの死」などのアーサー・ミラー作品。
「欲望という名の列車」などのテネシー・ウィリアムズ作品。
「ウェィティング・フォー・レフティ」などのクリフォード・オデッツ作品。
「映画に出たい」などのニール・サイモン作品。
「レント」「レ・ミゼラブル」といったミュージカル作品。

どんな作品であれ、必ずビッグモーメントがあります。
それに飛び込める度胸と、飛び込んだあとの強烈な感情を扱えるしっかり訓練された能力なしでは、作家が描いているストーリーにはなりません。

まずは、度胸・勇気あってこそ。その時にしっかりと訓練された声・体・心を持ち合わせていないと作家の描いたキャラクターの大きさにはついてはいけないでしょう。

ちょっとした度胸試しをしてみるのも楽しみながら俳優として必要な要素を磨けるレッスンにもなることでしょう。
もちろん、素晴らしい俳優になるには、並外れた努力を必要とします。そして全ての努力を楽しみながら出来るか、やらなきゃいけないと思って取り組むのか、確実に大きな違いとして成長に表れてきます。

『好きこそものの上手なれ』

Acting coach
tori

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

face bookページ
『Tori studio Tokyo』


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://toristudio.blog.fc2.com/tb.php/67-f0623233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【演技のテクニック】 «  | BLOG TOP |  » 場所 《 Where am I 》が持つ宝物

プロフィール

TORI STUDIO

Author:TORI STUDIO
2010年8月、アメリカ人俳優たち、NY在住の日本人俳優たちの強い要望により、本場NYにてtori studio NYを開き演技指導を始める。2011年1月、日本でも、世界標準の演技テクニックを必要としている俳優たちの為、tori studio TOKYOを開く。それ以来、定期的に日本でもワークショップを開催したのち、2012年6月、帰国。現在、東京にて毎月クラスを開催し多くの俳優たちを指導している。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

講師紹介 (2)
受講者の声 (15)
未分類 (47)
クラススケジュール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。