2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場所 《 Where am I 》が持つ宝物 - 2013.05.08 Wed

演技を勉強していくと必ず出てくるのが『5W1H』。
俳優は必ず、台本を分析し、これを知って、理解していなければ、その想像上の世界で、そのキャラクターとして生きることは出来ません。

5W1Hとは、

Who《誰》
What《何》
Why《なぜ》
Where《どこ》
When《いつ》

How《どう》

というものです。
今回はこの中でまず『Where』について説明します。
『Where』つまり『場所』です。

私も俳優をやっていた頃、演技の学校やワークショップで何回も耳にしました。『5W1H』は大切ですよ、と。
自分は今、何処にいるんだろう?
それは、台本に書いてあります。例えば『公園のベンチ』、『台所』、『リビング』、『山小屋』など、無数にあります。ストーリーが展開される場所です。これは、作家が台本に書いてくれています。

俳優をしていた頃、先生方に云われた通りに場所を知るようにしました。
『僕は恋人の家のリビングにいる。』とか『僕は喫茶店にいる。』とか台本に書かれていることをただ知ろうとしていました。
(これが一体、何の役にたつんだろう?でも、先生も言ってるし、キャラクターは自分が何処にいるか知ってるのだから、知っておくべきだな~)
と何となく思いながら。

結果、
場所を知っておくことだけでは、全く効果はありませんでした。

なぜなら、その場所の持つ『意味』を理解していなかったからです。

場所の持つ意味とは、

例えば、私達は自分の『家』に住んでいます。これが場所です。
これを知るだけでは何の役にも立ちません。意味を知らなくてはいけません。

例えば、ある旦那さんがいます。その旦那さんの『家』には、いつも何かにつけて細かい事をグチグチグチグチ言ってくる嫁がいます。
そして、その旦那さんはそのことに対して『ビクビク』しているとします。
とすると、その旦那さんにとってのこの『家』が持つ意味は『監視の目が常に自分の一挙手一投足に向けられて失敗出来ない場所』という意味になります。
この意味を理解すると、そのキャラクターの立ち居振舞い(ビヘイビアーという)が自ずと生まれてきます。
仕事が終わって『家』への歩き方、その家のドアの開け方、その家でのただいまの言い方、その家でのご飯の食べ方、その家でのトイレの使い方など、全てのビヘイビアーが自ずと生まれてきます。

俳優は『場所の意味』を理解したら、それを自分に置き換えて考えてみます。これをパーソナライズ(個人化する)といいます。
つまり、この場所が『一挙手一投足、常に監視の目が向けられて失敗出来ない場所』だと理解したら、自分にとってどういう場所だろう?とパーソナライズします。
ある人は『これは暴力団の事務所みたいだ』と思うかもしれないし、
ある人は『オーディション会場みたい』と思うかもしれないし、
ある人は『厳しいセンパイの家みたいだ』と思うかもしれません。
人、それぞれです。『自分にとっては~みたいだ』というのが見つかると、本当の意味で、そのキャラクターにとってのその場所が持つ意味を心で理解することが出来ます。
それを心で理解できたなら、『ビクビク』を演じなくても、自然発生的にビヘイビアーの端々に『ビクビク』が生まれてくるのです。この場所の意味を理解することの大切さを知らない俳優は『ビクビク』を演じなければいけないのです。つまり、ウソの演技をしなければいけなくなるのです。

また、同じ場所でも、それぞれのシーンによって意味が変わる場合があります。
例えば、その旦那さんが今夜、離婚届けを突き付けると決心したとします。
すると、今までは『監視の目が常に自分の一挙手一投足に向けられて失敗出来ない場所』
だったのが『人生をかけた大一番の決戦の場所』と言う意味になるのです。
その意味を理解すると、仕事が終わって家への歩き方、ドアの開け方、ただいまの言い方、トイレの使い方全てのビヘイビアーが自ずと変わってしまうのが、容易にわかるでしょう。

俳優は『場所』を知らなくてはいけない。
そして、その場所の持つ『意味』を知らなくてはいけない。
そして、パーソナライズして、『自分の心』でその意味を理解しなければいけない。

場所を理解する時には
『この場所は私(自分の演じるキャラクター)にとってどういう意味?』
『その意味を自分(俳優である自分)に置き換えたら、まるでどういうものだろう?』

と問うことで、そのキャラクターを演じる上で、そのキャラクターに生命を吹き込む上で大きな宝物になるでしょう。

日常生活でも、楽しんで『場所の意味』を探ってみて下さい。
そうすると、このことが完全に府に落ちるでしょう。

Acting coach
tori

ホームページ
http://www.toristudio.jimdo.com/
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://toristudio.blog.fc2.com/tb.php/65-65573e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スタニースラフスキー «  | BLOG TOP |  » 熱狂的であること

プロフィール

TORI STUDIO

Author:TORI STUDIO
2010年8月、アメリカ人俳優たち、NY在住の日本人俳優たちの強い要望により、本場NYにてtori studio NYを開き演技指導を始める。2011年1月、日本でも、世界標準の演技テクニックを必要としている俳優たちの為、tori studio TOKYOを開く。それ以来、定期的に日本でもワークショップを開催したのち、2012年6月、帰国。現在、東京にて毎月クラスを開催し多くの俳優たちを指導している。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

講師紹介 (2)
受講者の声 (15)
未分類 (47)
クラススケジュール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。