2013-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『演劇、それは崇高な芸術』 - 2013.05.30 Thu


[演劇の持つ力]を私は強く信じています。

演劇は人の命を救うことができる。
演劇は社会を動かすことができる。
演劇は人を悲しみの渦から救い出すことができる。
演劇は苦しんでいる方々の声を代弁することができる。
演劇は生きていることが、どんなに素晴らしいかを伝えることができる。
演劇は時代を超え、国境を越え、言語を超えて、観た人を感じて動かす   ことができる。つまり、感動させることができる。
そして、
演劇は愛を伝えることが出来る。

私が演劇の世界に入ったきっかけは、一本の映画をみて非常に感動したから。愛を教えてもらったからです。
だから、広い意味でいうなら、私は愛を世の中に伝えたくて演劇の世界にいます。

こんな経験をしました。
私が演出したニール・サイモン作 『映画に出たい!』の朗読劇。
非常に素晴らしい作品です。読んだことが無い人は演劇をやっているやっていないに関わらず、読んでみて下さい。

19歳の女の子がNYからヒッチハイクと徒歩でロサンゼルスに住む3歳の時に自分を捨てた父親に会いに行くというストーリー。
たった19歳の女の子が色んな危険があることを知りつつも、ヒッチハイクでアメリカを横断する。どれだけ、父親に会いたかったか、この16年間。
ストーリーを書き始めると私の演劇に対する愛・情熱に熱が入り過ぎて永遠続いてしまいますので割愛させて頂きます。

その朗読劇を素晴らしい俳優・女優の方と作ることができ、終演後、一枚のお客様からのアンケートを見て、私は涙を抑えることが出来ませんでした。
今も、思い出しただけで涙が出てきてしまいます。

そのとても長く書いて下さったアンケートにはこう書かれていました。

「私は訳あって家族と、ずっと疎遠になっています。でも、今日の朗読劇を観て、勇気を出して家族に連絡をとろうと思いました。」

演劇という素晴らしい芸術に携わっていて本当に良かった。
本当に本当に良かった。私は心からそう思います。

演劇は崇高な芸術です。
私は演劇に最大限の敬意を払うと同時に、何よりも純粋な愛を持って、この命消えるその日まで、演劇に向かい合っていこうと思います。

演劇には2000年の歴史があります。
2000年前に演劇というものをこの世界に生み出してくれたギリシャ人、ありがとう!!そして、これからもこの素晴らしいものを引き継がせて頂きます!!

Respect for acting.
Love for acting.

Acting coach
tori

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

facebook ページ
『Tori studio Tokyo』
スポンサーサイト

演出家・監督の条件 - 2013.05.28 Tue


グループシアターの創設者であり、1930年代にアメリカの演劇界に『リアリズム演劇』を確立し、革命を起こした人物。演出家ハロルド・クラーマン。

彼の演出家としての、演劇人としての何十年にも及ぶ経験から「演出家に必要なこと」をこう言っています。

『演出家は、組織者でなければいけない、政治家でなければいけない、精神に関する捜査官でなければいけない、人体の分析家でなければいけない、技術者でなければいけない、創造的でなければいけない。
文学(ドラマ・葛藤)を知っておくべきであり、演技を知っておくべきであり、俳優の心理を知っておくべきであり、ビジュアルアートを知っておくべきであり、音楽を知っておくべきであり、歴史を知っておくべきであり、何よりも絶対に人間を理解していなければいけない。信頼を得ないといけない。勇気がないといけない。それら全てのことを含めて〝愛に満ち溢れた人″でなければいけない。』


また、演出についてよく言われていること。

『演出の90%はキャスティングだ!』

『自分が信じた俳優には、演出をし過ぎるな、俳優を信じろ。もし、演出家が演出家としての準備をしっかりしたならば、ストーリー、メッセージ、テーマから外れていたらすぐにわかる。その時に軌道修正すればいいだけ。』

『もし、俳優がストーリーに沿ったものに辿り着けなかったり、手に入れられない時に、演出家に導いてあげる能力がないなら、大きな大きな問題になる。大きな問題!!だから、演出家も俳優も勉強が必要なのだ!』

これはイーストウッド、エリア・カザン、ウッディ・アレンたちなどの教えです。

『自信がない演出家、監督ほど、色んなことを俳優に言う。酷い時にはやってみせる。言ってることに一貫性がない。単純に俳優を導く方法を知らないから。単純にストーリーで何をどう表現したいかをわかっていないから。どうしていいかわからないから。迷っているから。』

映画にしろ、舞台にしろ、総合芸術です。脚本を書く職人がいて、演出する職人がいて、演じる職人がいて、音響の職人がいて、照明の職人がいて、制作・宣伝の職人がいてなどなど。非常に多くのプロフェッショナルたちが一つになって出来上がる芸術です。そこに優越も、上下関係も、年齢も、一切関係ありません。
『礼儀』
『敬意』
『情熱を』
持ったうえで、それぞれの技術を合わせることに全力を注げばいいのだと思います。
その為にも、それぞれが、それぞれの技術、能力、知識を満足することなく、貪欲に、向上心をもって、毎日毎日勉強し続けることが非常に大切ではないでしょうか?

Love for acting.
Respect for acting.

tori

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

face bookページ
『Tori studio Tokyo』

【演技のテクニック】 - 2013.05.28 Tue

【演技のテクニック】

世界中には様々な演技のテクニックがあります。
世界中でよく知られているのはロシアの演劇の父・スタニースラフスキーシステム。
それを1930年代から実践してきたアメリカの演劇集団『グループシアター』その中にいた現在のアメリカをはじめとする演劇の形を形成した偉大な教師たち。
ハロルド・クラーマン、リー・ストラスバーグ、ロバート・ルイス、ステラ・アドラー、サンフォード・マイズナー、そして少し後に偉大な教師として現れたウタ・ハーゲン、そして、現在最も偉大な教師・演出家であるラリー・モス。他にもビル・エスパー、ラリー・シルバーバーグといった教師たち。また、ロシアのマイケル・チェーホフなど。
偉大な教師たちが、偉大なテクニックを確立してきました。
そして、今もなお世界中で実践されています。
もちろん、日本でも。。。

テクニック。。。これはBIG WORDですね。

多くの俳優、演出家、演技教師、演劇に携わる人全員が絶対に知っておかなければいけないことがあります。

『あなたがどんなテクニックを使おうと、あなたがどんなテクニックを教えようと、テクニックは観客には全く関係ない。いい演技ができればいいだけ。』

『テクニックは習慣である。テクニックが見えるという事はいい演技をしていないという事。テクニックは消えるべきもの。』

『手法を売るな!結果を売れ!』


現在、日本では【マイズナーテクニックを教えています】【ステラ・アドラーテクニックを教えています】【マイケル・チェーホフのテクニックを教えています】
と、色々ありますが、一つだけ言えることは、マイズナーテクニックはミスター・サンフォード・マイズナー以外誰も教えることは出来ません。
ステラ・アドラーのテクニックは彼女にしか教えられません。

彼らの偉大な業績にあやかって、彼らの名前を使って、自分の演技力に『ブランド』をつけようとしたり、自分の演技教師としての、学校としての『ブランド』にすることは極めて失礼であり、非常に卑怯なことです。

彼らのテクニックは勿論、演劇に関わる人間なら絶対に知っておくべきであり、知らないならできるだけ早く勉強して知るべきであり、知ろうとしないとか、知る気がないのであれば、この世界から出ていくべきであると思います。

その理由は簡単。

レゲエをやりたいと言っている人がボブ・マーリーの曲を知りたくないと言っていたら、どう思いますか?
演歌をやりたい外国人がいて北島三郎さんの曲に興味がないと言っていたら、どう思いますか?
同じことです。

勉強です!!勉強は確実に必要です!!勉強しない俳優に、先はありません。絶対にありません。
いい先生と勉強するのが大切です。日本にもいい先生は沢山います。その時、自分に必要な先生を見つけて、何年か勉強して、また、先生を見つけて勉強して。。。
そして、その勉強を通して学んだことを、実践で試して、失敗して、試して、失敗して、また勉強して、これがあなたのあなただけのテクニックが生まれるのです。
決してテクニックを売ってはいけないのです。結果を売るのです。

誰かが作った偉大なテクニックを盾にして、そのテクニックを売っている人、今すぐやめて下さい。
自分の能力、結果で勝負してください。その勇気がないなら、勉強して勇気を身に付けてください。

私もまだまだ死ぬまで日々勉強ですが、少なくとも私と同じだけ、ハロルド・クラーマン、リー・ストラスバーグ、ロバート・ルイス、ステラ・アドラー、サンフォード・マイズナー、ウタ・ハーゲン、ラリー・モス、ビル・エスパー、ラリー・シルバーバーグ、マイケル・チェーホフといった教師を勉強した人なら、私が言っている意味を分かっていただけるはずです。


アメリカを代表する名優:イーライ・ウォーラックの言葉。
『100人の俳優がいれば、100個のテクニックがある。』

自分の自分だけの自分にだけ有効なテクニックを身に付けましょう!!

全ては観客の為に。
全ては演劇という偉大な芸術の為に。

Love for acting.
Respect for acting.

tori

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

face bookページ
『Tori studio Tokyo』

スタニースラフスキー - 2013.05.16 Thu

ロシアの演劇の父・スタニースラフスキー。

彼の名前は日本でも良く知られていると思います。
彼は彼の人生をかけて、人間を理解し、俳優が素晴らしい演技をした時のメカニズムを分析し、それを理論化し、システムにしました。
そのシステムは彼がいたモスクワ芸術座で実践され、その演劇のリアルさに世界中は驚愕しました。
出演している全員が素晴らしい。全てがリアル。
モスクワ芸術座のアメリカでの公演を見た数名の俳優たちが集まってスタニースラフスキーシステムを研究し、実践したのが現在のアメリカのリアリズム演技を確立した集団『グループシアター』。
その中にはハロルド・クラーマン、リー・ストラスバーグ、ステラ・アドラー、ロバート・ルイス、サンフォード・マイズナー、クリフォード・オデッツ、エリア・カザンなど、アメリカの演劇史を語るうえで、彼らの名前を語らずにはアメリカの演劇を語れないといった人物が多数いました。

彼らはたった10年間だけ活動し、その後はそれぞれ指導者になったり、演出家になったり、作家になったりとそれぞれの道に進みました。1930年代あたりのことです。

彼らがアメリカの演劇界に革命を起こしました。リアリズム演劇というものを確立し、その演劇が現在でも世界のスタンダードです。
グループシアターが現れる前のアメリカの演劇は現在の日本の演劇と同じように「それらしく演じる」ことが演劇だとされていました。
『演技とは想像上の世界で真実に生きること』
このことが世界のスタンダードになったのは、約60年前。

そのスタニースラフスキーが作ったシステムは
1つの表にまとめられています。
【いい俳優である亀に必要な要素】が40項目に分けて図として書かれています。
1934年に作成されたことが記されています。

その中で項目38番に注目したいと思います。

38・『アクロバティック』

俳優に必要な要素でアクロバティック。どうしてでしょうか?

答えは『度胸・勇気』を養うためです。
ここでスタニースラフスキーが言っているのは『ビッグモーメントに飛び込む勇気』のことです。

決して、舞台に立つ、カメラの前に立つ、人にジャッジされる、演技のクラスに踏み込むのが怖い、などといった浅はかな度胸・勇気の話をしているわけではありません。
俳優である以上、舞台に立つし、カメラの前に立つ。人からジャッジされるし、演技のクラスの扉を叩くのは当たり前で、その程度の度胸がなければ、その時点で俳優とは違う道を選ぶ方がより良い人生を歩めるであろうと思います。

リアリズムの演技をしていると非常に強い感情を経験しなくてはいけない場合がよくあります。
決して「それらしく」演技をしないので、作家が書いたストーリーの中で、愛する人が目の前で殺されたら、それは本当に目の前で自分が愛する人が殺されているのです。

偉大な作家の作品には強烈な感情が生れるシーンが必ずあります。
「オセロ―」「リチャード3世」「ハムレット」などのシェイクスピア作品。
「人形の家」などのイブセン作品。
「セールスマンの死」などのアーサー・ミラー作品。
「欲望という名の列車」などのテネシー・ウィリアムズ作品。
「ウェィティング・フォー・レフティ」などのクリフォード・オデッツ作品。
「映画に出たい」などのニール・サイモン作品。
「レント」「レ・ミゼラブル」といったミュージカル作品。

どんな作品であれ、必ずビッグモーメントがあります。
それに飛び込める度胸と、飛び込んだあとの強烈な感情を扱えるしっかり訓練された能力なしでは、作家が描いているストーリーにはなりません。

まずは、度胸・勇気あってこそ。その時にしっかりと訓練された声・体・心を持ち合わせていないと作家の描いたキャラクターの大きさにはついてはいけないでしょう。

ちょっとした度胸試しをしてみるのも楽しみながら俳優として必要な要素を磨けるレッスンにもなることでしょう。
もちろん、素晴らしい俳優になるには、並外れた努力を必要とします。そして全ての努力を楽しみながら出来るか、やらなきゃいけないと思って取り組むのか、確実に大きな違いとして成長に表れてきます。

『好きこそものの上手なれ』

Acting coach
tori

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

face bookページ
『Tori studio Tokyo』


場所 《 Where am I 》が持つ宝物 - 2013.05.08 Wed

演技を勉強していくと必ず出てくるのが『5W1H』。
俳優は必ず、台本を分析し、これを知って、理解していなければ、その想像上の世界で、そのキャラクターとして生きることは出来ません。

5W1Hとは、

Who《誰》
What《何》
Why《なぜ》
Where《どこ》
When《いつ》

How《どう》

というものです。
今回はこの中でまず『Where』について説明します。
『Where』つまり『場所』です。

私も俳優をやっていた頃、演技の学校やワークショップで何回も耳にしました。『5W1H』は大切ですよ、と。
自分は今、何処にいるんだろう?
それは、台本に書いてあります。例えば『公園のベンチ』、『台所』、『リビング』、『山小屋』など、無数にあります。ストーリーが展開される場所です。これは、作家が台本に書いてくれています。

俳優をしていた頃、先生方に云われた通りに場所を知るようにしました。
『僕は恋人の家のリビングにいる。』とか『僕は喫茶店にいる。』とか台本に書かれていることをただ知ろうとしていました。
(これが一体、何の役にたつんだろう?でも、先生も言ってるし、キャラクターは自分が何処にいるか知ってるのだから、知っておくべきだな~)
と何となく思いながら。

結果、
場所を知っておくことだけでは、全く効果はありませんでした。

なぜなら、その場所の持つ『意味』を理解していなかったからです。

場所の持つ意味とは、

例えば、私達は自分の『家』に住んでいます。これが場所です。
これを知るだけでは何の役にも立ちません。意味を知らなくてはいけません。

例えば、ある旦那さんがいます。その旦那さんの『家』には、いつも何かにつけて細かい事をグチグチグチグチ言ってくる嫁がいます。
そして、その旦那さんはそのことに対して『ビクビク』しているとします。
とすると、その旦那さんにとってのこの『家』が持つ意味は『監視の目が常に自分の一挙手一投足に向けられて失敗出来ない場所』という意味になります。
この意味を理解すると、そのキャラクターの立ち居振舞い(ビヘイビアーという)が自ずと生まれてきます。
仕事が終わって『家』への歩き方、その家のドアの開け方、その家でのただいまの言い方、その家でのご飯の食べ方、その家でのトイレの使い方など、全てのビヘイビアーが自ずと生まれてきます。

俳優は『場所の意味』を理解したら、それを自分に置き換えて考えてみます。これをパーソナライズ(個人化する)といいます。
つまり、この場所が『一挙手一投足、常に監視の目が向けられて失敗出来ない場所』だと理解したら、自分にとってどういう場所だろう?とパーソナライズします。
ある人は『これは暴力団の事務所みたいだ』と思うかもしれないし、
ある人は『オーディション会場みたい』と思うかもしれないし、
ある人は『厳しいセンパイの家みたいだ』と思うかもしれません。
人、それぞれです。『自分にとっては~みたいだ』というのが見つかると、本当の意味で、そのキャラクターにとってのその場所が持つ意味を心で理解することが出来ます。
それを心で理解できたなら、『ビクビク』を演じなくても、自然発生的にビヘイビアーの端々に『ビクビク』が生まれてくるのです。この場所の意味を理解することの大切さを知らない俳優は『ビクビク』を演じなければいけないのです。つまり、ウソの演技をしなければいけなくなるのです。

また、同じ場所でも、それぞれのシーンによって意味が変わる場合があります。
例えば、その旦那さんが今夜、離婚届けを突き付けると決心したとします。
すると、今までは『監視の目が常に自分の一挙手一投足に向けられて失敗出来ない場所』
だったのが『人生をかけた大一番の決戦の場所』と言う意味になるのです。
その意味を理解すると、仕事が終わって家への歩き方、ドアの開け方、ただいまの言い方、トイレの使い方全てのビヘイビアーが自ずと変わってしまうのが、容易にわかるでしょう。

俳優は『場所』を知らなくてはいけない。
そして、その場所の持つ『意味』を知らなくてはいけない。
そして、パーソナライズして、『自分の心』でその意味を理解しなければいけない。

場所を理解する時には
『この場所は私(自分の演じるキャラクター)にとってどういう意味?』
『その意味を自分(俳優である自分)に置き換えたら、まるでどういうものだろう?』

と問うことで、そのキャラクターを演じる上で、そのキャラクターに生命を吹き込む上で大きな宝物になるでしょう。

日常生活でも、楽しんで『場所の意味』を探ってみて下さい。
そうすると、このことが完全に府に落ちるでしょう。

Acting coach
tori

ホームページ
http://www.toristudio.jimdo.com/

熱狂的であること - 2013.05.01 Wed

先進国である日本。
何不自由なく生活できる環境が整っているこの国において、若い俳優たちのあり方が非常に危険な状態にあると思います。

現在のこの国における社会的な風潮として男性も女性も「クールでいること」がカッコイイとされています。
雑誌やテレビといったメディアに登場する今の若手の俳優や女優がクールでいる、それに憧れた更に若い層の俳優志望たちがクールに演劇界に入ってくる。
これが現在の日本における映画界、演劇界が他の国に押されている状況を作ってしまっている要因の一つだと私は考えます。
クールでいるという事は「目の前に起こっている現実と正面から向き合わない」ということ。その代わりに「軽く何でもないように流す」ということ。
それが今の日本では美徳とされています。俳優でない人たちはそれでいいと思います。その方が争いを避けることもできれば、穏和に暮らしていけるからです。
しかし、俳優はクールではいけないのです。熱くないといけないのです。意見を持っていないといけないのです。物事に真剣に向かい合わなければいけないのです。熱狂的でなければいけないのです。
日本の演劇界を作って来て下さった先輩方は熱い人たちでした。
今こそ、その諸先輩方の切り開いてくださった日本の演劇を取り戻す必要があるのではないでしょうか。
好き嫌いはあるにせよ、お隣の国、韓国の映画は面白い。
なぜなら、彼らはクールではないから。熱いからであり、熱狂的だからであり、ハングリー精神があるからでしょう。
岡本太郎氏は「芸術は爆発だ!」とおっしゃっていました。熱さ、パワー、エネルギー、情熱、それらを全開にしないと演劇は芸術にはなり得ないのです。

俳優のみなさん、またこれから俳優になろうと思っている方々、
熱く生きましょう!!!
魂を燃やし、熱狂的に生きましょう!!!
情熱の炎を燃えたぎらせましょう!!!
心の奥底から人を愛しましょう!!!
はらわたが煮えくり返るくらいに激怒しましょう!!!
腹がねじれるくらいに大笑いしましょう!!!
起き上がれなくなるくらい泣きましょう!!!
喜びの声を世界中に響き渡るくらいに高らかに歌いましょう!!!
魂の叫びを世に伝えましょう!!!



『熱さ』を世間は待っているのです。
熱くなることを恐れないでください!!
熱狂的になることを恐れないでください!!
なぜなら、あなたは俳優だからです!!!

演劇界でこのことに気が付いている人は多くいます。
園子温監督は『これが映画だ!!』という風に熱い作品を作り続けて、世の中を魅了しています。尊敬します。

俳優である以上、叫べ!吠えろ!熱くいろ!熱狂的でいろ!なんでもいい、でも決して「クール」になるな!!

ステラ・アドラーから
『Don't be an actor unless you have something to say』
(何か言いたいことが無いのなら、俳優になるな)

演劇という素晴らしいアートに関わって、世の中にメッセージを伝えたいなら熱狂的でいましょう!!
それが俳優・演劇に関わる人間の生き方だと思います。

Acting coach
tori

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TORI STUDIO

Author:TORI STUDIO
2010年8月、アメリカ人俳優たち、NY在住の日本人俳優たちの強い要望により、本場NYにてtori studio NYを開き演技指導を始める。2011年1月、日本でも、世界標準の演技テクニックを必要としている俳優たちの為、tori studio TOKYOを開く。それ以来、定期的に日本でもワークショップを開催したのち、2012年6月、帰国。現在、東京にて毎月クラスを開催し多くの俳優たちを指導している。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

講師紹介 (2)
受講者の声 (15)
未分類 (47)
クラススケジュール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。