2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ閉鎖のお知らせ - 2013.09.23 Mon

この度、こちらのブログを閉鎖することになりました。

読んで下さった方々、ありがとうございました。

これからはfacebookにて記事をアップしいていきますので、そちらを是非ご覧ください。

facebook
『Tori studio Tokyo』で検索!!

ホームページ
http://toristudio.jimdo.com/

tori
スポンサーサイト

『絶対条件』 - 2013.07.30 Tue

『絶対条件』

どんなことでも新しいことを学ぶ時の絶対条件は『素直な心』でしょう。

つまり、新しいことをスポンジのように吸収する姿勢です。

人生経験を積んで、自分が歩んできた道、やってきた事、実績、というものにプライドを持つことは非常に素晴らしいものです。

ですが、新しいことを学ぶときにはそのプライドを捨てましょう。
捨てることが出来なければ、それはただのエゴになってしまいます。

あなたが培ってきたもの、体得したものは絶対に誰からも奪われません。あなただけのものです。
そして、捨てたからといって、無くなるわけではありません。
必要な部分は、必ずあなたの『中』に残っています。

そして、新しいことを学ぶことによって、あなたが今まで培ってきた事と、何かの形で混ざり合って、より洗練された、より強く、よりたくましいものになるでしょう。

しかしまずは、吸収できる体制、心を持ち合わせていないと、何も入ってきません。つまり、変化がないのです。時間とお金と労力と情熱が小さいエゴによって無駄になってしまうのです。それは、非常にもったいないことです。

また、新しいことに飛び込むことを恐れすぎている場合も吸収はできません。
たいていの場合、恐れていることに気が付いていない場合が多いようですが。
そういうのでは、学ぶ状態、新しいことを経験する状態にはありません。
恐れるが所以に、何かの理由をつけて、やる前に拒絶してしまう。

やる前に怖がるよりも、やって失敗してみればいいと思います。
新しく始めたことを、やり始めたばかりの時に、失敗したからといって、家族から縁を切られるわけでもなければ、恋人に捨てられるわけでもなければ、大病になるわけでもなければ、何も怖いことなんてありません。
ただ、何かを『学ぶ』だけです。

目の前に怖いものが立ちはだかっていたら、後ろに逃げるのではなく、前に逃げろ。という勇気。度胸。

本気でトライすれば、それは失敗ではなく、進歩です。
ただし、本気でトライしたらの話です。
歴史上の偉人達が証明してくれています。

中途半端にトライして、失敗したら、中途半端な進歩しか帰っていません。

やると決めたらなら、100%本気でやる!!
信じてやる!!とにかくやる!!
新しいことを素直な心で受け入れる!!
恐怖心に負けない!!
自分の物差しで判断しない!!
それではいつまで経っても、あなたの物差しが大きくなりません。
あなたの尺度以上のものは吸収できません。
現状維持が精一杯で、そして、そのうち劣化していきます。

吸収力。
これが成長を確実に変えます。確実に影響します。

その為に必要な準備。
素直な心。
好奇心。
勇気。
情熱。
カラカラのスポンジであること。いくらでも吸収できる状態であること。
『ハングリー精神』と呼ばれているものです。
「もっと、こうなりたい!」「もっと、上手くなりたい!」「もっと欲しい、もっと欲しい!」
欲していない限り、手に入りません。

禅マスターのお話をしましょう。
ある青年が、禅マスターを訪れ、弟子にしてもらいたいとお願いをしました。その青年は、マスターに会うなり、自分の考え、自分の思い、自分の価値観を話し始めました。
しばらくして、その青年が話している間に、マスターは立ち上がり、コップとお茶の入った急須を用意し、それらを持ってテーブルに戻ってきました。その青年は話し続けています。
マスターは、お茶をコップに注ぎ始めました。コップに一杯になっても注ぐことは止めません。そのまま注いでいきます。お茶はテーブルの上に広がっていきます。すると青年は驚き、マスターが頭がおかしくなったのではないかと「マスター、何をやっているんですか!?」
マスターはこう答えました。
「これが今のあなたの状態です。コップに満タンのお茶が入っていては、それに注ぎ込むことはできません。お茶がコップに入っていかず、溢れてきます。これが今のあなたです。私から何かを学びたいなら、まず空のコップを用意して下さい。」

青年はまず『学ぶ姿勢』を学んだのです。
いかに学ぶ姿勢が大切かを禅マスターは説いています。

空のコップを用意すること。
本当に大切なことだと思います。

Respect for acting.
Love for acting.

tori

『目指すべき場所』 - 2013.07.30 Tue

『目指すべき場所』

俳優として、目指したい場所はどこでしょうか??

演技指導者としての今までの経験からの意見ですが
『演技をすることが楽しくて仕方ない!!』
と思える場所に辿り着いた俳優は強いです。
俳優は不安にかられやすい職業です。そして、中には不安を感じることで安心している人たちもいます。好き好んで不安になりたがる。好き好んで自分がダメだと思いたがる。
演劇の根本的な目的が違いますね。

また、不安をあおることで生徒を繋ぎとめようとする演技指導者もいます。
演技指導とセラピーを一緒にしてしまうなんていう、とんでもない演技指導者もいるのです。その結果何が起こるかというと、俳優たちが依存するのです。
依存を手に入れて、必要とされることを感じることを気持ちいと思っている演技指導者もいるのです。
私は、こんな教師に我慢ができません。全ての俳優たちが持っているそれぞれの才能を潰している!!我慢なりません!!

私が俳優だったら絶対にそんな教師からは学びません。

世に送り出す。自分一人で戦っていける強さ、自信、勇気を芽生えさせることに全身全霊を捧げるのが講師の役割だと私は信じています。
そして、困った時はいつでも戻ってこれる安心できる場所。それがクラスのあり方だと信じています。
『演劇はセラピーでも、ヒーリングでもない!!!!!』

ニコールキッドマンのアクティングコーチであるスーザン・バトソンが日本向けに『NEED』という自己啓発本を発行しています。
なぜ、日本だけに向けて発行しているのでしょう。
なぜ、アメリカで発行しないのでしょう。
それには理由があるのです。アメリカでは出版出来ないのです。
なぜなら、アメリカではアクティングコーチがセラピー的要素を演劇と混同することは当たり前のように『最低』な行為だからです。
非常に悲しいですが、単純にお金儲けですね。
まともな方法で、演劇に敬意を払った上でビジネスをして欲しいものです。

強さ、自信、勇気を手に入れるために重要な要素。
これが『演技が楽しくて仕方ない!!演技を愛してる!!』と思える事。
例え、どんな悲劇を演じていても、楽しんで、喜んで心が張り裂けるくらいの悲しみを演じる。
例え、人殺しの役でも、どこかで楽しむ心を持っていること。
これさえ手に入れれば、どんどん向上心が湧いてきて、恐れることなしに、失うものなしに、貪欲に求め始められるのです。

そこに辿り着けた俳優は強い!!
これは私の経験上、間違いない真実です。

正しい先生と、正しい訓練を重ねることで、不安になりがちなあなたでも、本当の意味で『演劇の楽しさ』を見出すことが出来るでしょう!!
そうなれば、あなたは戦っていける!!

世の中は、いつも同じ顔ぶれを期待しているのではないのです。
あなたを待っているのです!!!!
その為にも、今やるべきこと、手に入れるものをしっかり手に入れ、能力・メンタル、その両方を準備をしておきましょう!!
チャンスは絶対にやってきます、物に出来るか出来ないか、それは今日のあなたの過ごし方、明日のあなたの過ごし方次第です。

好きこそものの上手なれ!!

全ては観客の為に!!
全てはあなたの情熱の為に!!
全てはあなたの才能の為に!!

Respect for acting.
Love for acting.

tori

『俳優の特権』 - 2013.07.30 Tue

『俳優の特権』

俳優という職業は本当に素晴らしいと思います。
全ての経験、知識、能力が俳優として使えるのです!!
いい経験も、辛い経験も、嬉しい経験も、楽しい経験も、腹が立つ経験も、全部が財産なのです!!

例えば、
結婚した。離婚した。
出産した。流産した。
裏切った。裏切られた。
恋をした。失恋をした。
人に優しくされた。人に冷たくされた。
家族を愛している。家族を憎んでいる。
人生が幸せだ。人生が最悪だ。
裕福。貧乏。

また、
スポーツが得意。
料理が得意。
語学が得意。
楽器が得意。
乗馬が得意。
歌が得意。
ダンスが得意。

また、
法律に詳しい。
医学に詳しい。
経済に詳しい。
植物に詳しい。
心理学に詳しい。
船に詳しい。
歴史に詳しい。
バイクに詳しい。

また、
サッカーに熱狂的だ。
野球に熱狂的だ。
バスケに熱狂的だ。
ボクシングに熱狂的だ。
キャンプに熱狂的だ。

なんでもいい!!全ての事が俳優にとっては貴重な財産。
全ての経験を、俳優にとっての財産にする為には、全てのことを全力でやること!!
・恋愛するなら全力で恋愛する!!『ロミオ&ジュリエット』がわかるでしょう。
・仕事で認められなくても、例えアルバイトでも一生懸命に働く!!『セールスマンの死』がわかるでしょう。
・どんな関係であれ、家族と真正面から向き合う『ガラスの動物園』がわかるでしょう。
・親友を真剣に大切にする!!『二十日鼠と人間』がわかるでしょう。
・今の世の中間違ってる!!と思うなら遠慮せず本気で思いましょう!!『カッコーの巣の上で』がわかるでしょう。
・人の裏切りで傷つくなら、逃げないで思いっきり悲しさ、悔しさを味わってみて下さい!!『ハムレット』がわかるでしょう。『背信』がわかるでしょう。

全てを全力で経験すると、その全ては無駄ではありません!!
中途半端にすると中途半端にしか使えません。

『全力』がキーです!!なぜなら、偉大な作家たちが描くストーリーに登場するキャラクターは全力だからです。

俳優にとって、いい経験も、嫌な経験も全てが財産!!

これは俳優の特権ですね!!

Respect for acting.
Love for acting.

tori

『分かれ道』 - 2013.07.30 Tue

『分かれ道』

素晴らしい才能を持っているのに、芽が出る前に諦めてしまう人。
そんな俳優をNYでも日本でも多く見てきました。

素晴らしい才能を持っていて、夢を叶えた俳優、叶え始めている俳優の多くも見てきました。

その2つを分けているものは何でしょう。

勿論、情熱があることは大前提です。情熱があるのに諦めてしまう人と、情熱を燃やし続けて夢を掴む人の違い。

それは『根性』だと私は思います。
今ではあまり耳にしない言葉『根性』。
もはや、根性論という言葉は死語なのかもしれないと思う現代の日本。
ですが、あえて声を大にして言いたい。
俳優には絶対に根性が必要!!

俳優をやっていくと色々な大変な壁に巡り合います。
時間、経済状況、年齢、将来への不安、世間の目、親の目、周りとの比較、批判など。
それに加えて、一人の人間として生きていく上での日常生活に起こる困難。
家庭環境、恋愛、仕事、病気など。

そんな中で俳優としてやっていく、俳優として夢を掴むことはある人には非常に大変なことかもしれません。

そこで大切なのは、全ての困難を弾き返して、夢に邁進するだけの根性が必要になってくるのです。

スポーツである程度まで登りつめた経験のある俳優は必ずといっていいほど伸びます。なぜなら、彼らには根性が備わっているから。努力をすることが当たり前だから。ツライ時に踏ん張れるだけの強い精神が養われているからです。

歯を食いしばることができるのです。これはどんな職業についてる人でも、結果を出す、成し遂げる、のし上がる人というのは、根性があるのです。どんなに辛くても歯を食いしばって困難をのり超えるのです。

ステラ・アドラーは言っています。
『強い俳優になりなさい』
サンフォード・マイズナーは言っています。
『外に出て戦ってきなさい。外は厳しいから。』

甘えをなくす、踏ん張る、立ち向かう、折れない、ひるまない、負けん気、辛抱、底力、ガッツ、闘争心、ハングリー精神。

言い訳は誰にでもできる、言い訳する前に、根性見せろ!!!!

Respect for acting.
Love for acting.

tori

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TORI STUDIO

Author:TORI STUDIO
2010年8月、アメリカ人俳優たち、NY在住の日本人俳優たちの強い要望により、本場NYにてtori studio NYを開き演技指導を始める。2011年1月、日本でも、世界標準の演技テクニックを必要としている俳優たちの為、tori studio TOKYOを開く。それ以来、定期的に日本でもワークショップを開催したのち、2012年6月、帰国。現在、東京にて毎月クラスを開催し多くの俳優たちを指導している。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

講師紹介 (2)
受講者の声 (15)
未分類 (47)
クラススケジュール (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。